大阪市中南部の圏域で高次脳機能障がいの方へ支援のネットワークをつくる

こんにちは、阿倍野事業所の村上です。

昨年より東住吉森本リハビリテーション病院の院長先生はじめ、セラピストの方が中心になって

大阪市中南部(天王寺、阿倍野、西成、浪速、住吉、東住吉、住之江、平野周辺)で高次脳機能障がいのある方が発症後に入院~退院、その後の自宅での生活、地域生活、就労まで利用できる社会資源や福祉サービスの輪をつなげていきたいという想いでネットワークを広げてきました。

 

今では、10以上の機関から集まり、2か月に1回ほど打ち合わせをしながら、資源マップの作成や

イベント開催に向けて準備を進めている状況です。

 

クロスジョブからも参加させて頂き、先週も資源マップの最終調整のミーティングを行いました。

公開できる日が待ち遠しいです。

 

この取り組みによって、地域の中で支援につながっていな方々へサービスが届き

より豊かな生活になるようなものになることを願っています。
​​​​​​